「車の査定」のトリセツ成功する究極の対策集

決定権のあるスタッフに車の査定をしてもらう

車の買取を業者に依頼する時には、一言告げるだけで
査定がかなりスムーズになる場合があります。

 

結論から言うと、決定権がある方に査定に来てもらいたいと告げるのが良いと思います。

 

車の査定を行っている方々の行動パターンとしてよくあるのは、
本部に対する確認です。

 

例えば自宅に訪問に来た査定士の方が、車の状態を見たとしましょう。
そのあとで査定士の方は、自分が在籍している会社の本部に電話連絡を
している事があるのです。
なぜ電話連絡をするのかと言うと、決定権の問題があるからです。
というのも査定士1人だけでは、車の金額を決定できない場合があるのです。

 

このため本部に電話連絡をして相談をした上で、
査定金額を決定しているスタッフの方々がよく見られます。
ただそのやり取りを行っていると、少々時間がかかってしまう事があります。

 

現に車の買取業者の中には、何度も本部とやり取りをしたものの
結局査定金額がなかなか決まらなかった所もあるそうです。
となると顧客としては、待たされる事になってしまいますね。

 

ですので車買取の業者と訪問の日時の約束を取る段階で、
必ず決定権のある方に来て欲しいと一言告げた方が良いと思います。
決定権のある方でしたら、査定の金額決定なども非常にスムーズになる事が多いからです。

 

もしくはその車買取の業者のベテランスタッフの
方々に来て欲しいと、一言告げるのも一法だと思います。
ちなみに大手の車買取の業者の場合は、上記のように
本部に確認をする事は少ないと言われています。

 

 

しかし中には大手の会社でも、本部に
確認をしている事がありますので
何とも言えないところではあります。
どちらにしても車買取の査定士は、なるべくベテランの方に来てもらった方が良いでしょう。